瞬間と物語 – 写真ニュースの視点

February 20, 2024 2:29 am

多才な才能を持つ高山都:声優からモデルまで

今回の特集では、見た目の美しさだけでなく、その愛らしい声で多くのファンを魅了する高山都さんにスポットを当てます。高山さんは、若い頃からモデリングの世界に足を踏み入れ、その後、声優や女優としても活躍の場を広げています。

初期のキャリアとモデリング

高山都さんは、15歳の時に大阪でモデルとしてのキャリアをスタートしました。地元の雑誌や『Cutie』での仕事を経て、16歳で『Olive』と『POPEYE』の合同コンテストで審査員特別賞を受賞し、19歳で上京。上京後も、一貫して人気モデルとして活躍しています。

音楽への情熱

高山さんは、小さい頃から歌手になることを夢見ており、高校時代は軽音楽部に所属していました。上京の主な目的も、ボーカリストとしてのキャリアを追求するためでしたが、途中で挫折を経験。しかし、女優としての仕事を始めたことで、ナレーションやDJなど、声を活かした仕事が増え、新たな道を見出しました。

演技への転身

高山さんは、テレビ、映画、舞台と、演技の分野でも幅広く活動しています。特に、BSドラマ『植物男子ベランダー』ではユニークな役柄を演じ、演技の幅を広げています。

プライベートと趣味

プライベートでは、音楽を聴くことやライブに行くことが好きで、特に日本語のロックを好んでいます。また、マラソンも趣味の一つで、丸亀ハーフマラソンを完走した経験もあります。

さらに投稿