連載

ModelTalks「畑井咲耶」vol.2

 


_36P9371

今回は先週に引き続き、ファッションショーを中心に活躍中の新人モデル、畑井咲耶さんの登場です。

 

生まれ故郷の大阪にいた高校時代にオーディションに合格し、モデルデビュー。卒業後すぐに上京し、本格的にプロのモデルとしての活動をスタートしてまだ8ヶ月。

 

「今はレッスンを受けつつ、色んな服が着こなせるモデルになれる様にとファッショブランドの勉強をしてセンスを磨いています。事務所が青山にあるので、行き帰りに色んなショップを見てまわるのも習慣になっています」

 

モデルデビューのきっかけになったオーディションでは、スポンサーだった人気ブランド、サマンサタバサでの接客という課題もあったのだとか。

 

「10代20代の女の子にとってサマンサタバサは憧れのブランドです。そのショップにスタッフとして立つのはとても刺激的な体験でした。お客様にわたしたちがモデルだとはお知らせしていなかったので、

他のスタッフの方と同じ様に接客が出来ないといけません。それも大変でしたが、それ以上に、人気ブランドのショップスタッフは常に人に見られている職業なんですよね。

短い時間でしたが、見た目の美しさやセンス、接客態度や笑顔など、見られる職業の大変さやプロ意識を少し学べたような気がします」

 

新人ながら順調にショーモデルとしてのキャリアを積んでいる畑井さん。今後はCMや歌にも挑戦してみたいという目標も。そんな畑井さんの意外な特技が韓国語。

 

「歌が大好きで、カラオケに行くと東方神起や少女時代を歌います。特に東方神起の大ファンで、好きが高じて韓国語の勉強を始めました。そしたら実は語学が向いていたようで、ほぼ独学なのにどんどん上達し、

スピーチ大会に出てしまったほどです(笑)。韓国には釜山コレクションもありますし、ドラマも盛んです。この特技を生かして、大好きな韓国でも仕事が出来たらいいなと思っています」

 

たくさんの可能性を秘めたフレッシュな19歳。どんどん磨かれて成長して行く姿を多くの人が応援しています。

 

取材・文/水谷美紀

畑井咲耶 畑井咲耶 畑井咲耶 畑井咲耶

モデルプロフィール

畑井咲耶
映画 2013年 ヤングキング(少年画報社)に絶賛掲載中のアクション漫画『疾風紅丸組』(桑原真也原作)映画化 城戸康裕、畑井咲耶出演決定。 イベント 2013年 シド 『サマラバ』PV 出演 経歴 イベント 2012年 KOBE COLLECTION TOKYO RUNWAY 出場 イベント 2012年 神戸コレクションとサマンサタバサがコラボしたモデルコンテスト。 2012年ワンライフモデル準グランプリ獲得 イベント 2012年 高津フェスティバル 畑井咲耶出演
http://harujin.com/__working/mcm/profile/model_hataisaya.html

連載一覧