連載

ModelTalks「畑井咲耶」vol.1

 


_36P9145

今週は新人ながら数々のコレクションで活躍するモデル、畑井咲耶さんの登場です。

 

バレーボールで鍛えた身長172cmの恵まれたプロポーションに大きな瞳。

クールなファッションモデルというよりは、親しみ易く優しいキャラが広い層に支持されている、マルチで活躍できる可能性十分の畑井さん。

「大阪出身だと言うと『分かる!明るいもんね』って変に納得されるんです(笑)。そんなにおしゃべりなほうじゃないのに」。

お笑いキャラではないけれど、一緒にいる人をホッとさせる陽性の人柄は、19歳の新人モデルにとっては大きな財産であり武器。

プロダクションを含め、仕事先の人々にまるで愛娘のように可愛がられているのも納得です。

 

今のプロダクションにスカウトされたのは高校2年生の時。人気女性雑誌『グラマラス』のモデルオーディションに応募し、

審査のために上京してお母さんとお姉さんと三人で渋谷を歩いていたところを現在のマネージャーさんに声をかけられたのだとか。

「その時はお断りしたのですが、次に来た時にまたバッタリお会いしたんです。

そしたらわたしのことをちゃんとフルネームで覚えていてくれて。手当たり次第に声をかけているわけじゃないんだな、

と信頼出来たのが大きかったです」

 

その後、神戸コレクションのオーディションで準グランプリに選ばれたり、ワンライフオーディションでもファイナリストに残るなど、

様々なチャンスを掴み、まだ大阪にいる高校時代からファッションモデルとしての活動をスタート。

今年4月には上京し、東京ランウェイや代官山コレクションにも出場しています。

 

「小さい頃からモデルは憧れの職業だったんです。ニコラやセブンティーンといったティーン向けのファッション誌を見ていとも、

洋服よりモデルのポージングばかりチェックしていました(笑)」

 

ファッションショーはとにかく楽しくて「全く緊張しません」と言う畑井さん。

「先日おこなわれた代官山コレクションでは3ブランドものオーディションに合格し、ショーに出場することが出来ました。

もっと経験を積んで、いつかパリコレクションに出るのが目標です。それと同時に雑誌やコマーシャルの仕事にもどんどん挑戦していきたいです」

 

次回は、そんな畑井さんのプライベートに迫ります!

 

取材・文/水谷美紀

 

※畑井咲耶オフィシャルブログ「Saya-Blog」http://s.ameblo.jp/s2-sayachan-s2/

 

畑井咲耶 畑井咲耶 畑井咲耶 畑井咲耶

モデルプロフィール

畑井咲耶
映画 2013年 ヤングキング(少年画報社)に絶賛掲載中のアクション漫画『疾風紅丸組』(桑原真也原作)映画化 城戸康裕、畑井咲耶出演決定。 イベント 2013年 シド 『サマラバ』PV 出演 経歴 イベント 2012年 KOBE COLLECTION TOKYO RUNWAY 出場 イベント 2012年 神戸コレクションとサマンサタバサがコラボしたモデルコンテスト。 2012年ワンライフモデル準グランプリ獲得 イベント 2012年 高津フェスティバル 畑井咲耶出演
http://harujin.com/__working/mcm/profile/model_hataisaya.html

連載一覧