連載

ModelTalks「藤井祥子」vol.1

 


_36P2644

今回はモデル・女優として人気急上昇、藤井祥子さんの登場です!

 現在放映されているカゴメの『植物性乳酸菌ラブレLight 1日分の鉄分』のCMで松田龍平さんと共演中の藤井さんは、美術系大学の出身。大学に入学した当初はデザイン関係の道を目指しており、モデルや女優になる気持ちは全くなかったそうです。

 

 そんな藤井さんが芸能界に入る事になったのは、母校である武蔵野美術大学での課題制作がきっかけだったのだとか。

 

 「わたしが籍を置いていたのは情報デザイン学科という科だったのですが、そこでCMを制作するという課題が出されました。そこで自分で制作をするだけでなく、頼まれて友人の課題に女優さんの代わりに出演しました。また、周囲に映画を作っている人もいて、やはり頼まれて彼らの作品に出演したり。そんな事を何度か繰り返すうちに、出る側も面白いなと思うようになったんです。もともとTVの『世界ふしぎ発見』のファンで、デザインの道を目指しつつ、この番組のレポーターになれたらいいなという憧れもあったので、思い切って大学4年生の時に方向転換し、モデルと女優の仕事を始めました」

 

 モデルになってからは特にCMの仕事に恵まれている藤井さんですが、仕事場に行くと他のモデルにはない面白い体験をするのだとか。

 

 「オーディション会場やスタジオに行くと、制作スタッフとして働いている大学の同級生にバッタリ会うんです。彼らは当然わたしも制作の道に進んでいると思っているので、『今どこの会社で働いているの?』って聞いて来ます。そこで『今日はオーディション受けに来たの』と答えるとすごくビックリされます(笑)。きっとそのうち友達が演出や監督をしてわたしが出演する機会も訪れるんでしょうね。そうなったら楽しいだろうな。友達にオーディションされるのはちょっと照れくさいですけどね…」

 

 さらにドラマやCMに出演するようになって、学生時代には気づかなかった発見があったのだとか。

 

 「それまではなんとなく、制作する人間と出演する人間は別だと思っていました。でも自分が出る側になってみると、モデルや女優もひとつの物を作るスタッフの一人である事に変わりはない事を実感します。また、制作する側の勉強をしていたので、監督の立場で物を見る事が出来るのは、もしかしたらすごく役に立っているのかなって」

 

 仕事の合間には学生時代から続けているイラストを描いて友人とグループ展を開くなど、クリエイターとしても活動している藤井さん。次回はそんな彼女の日常や学生時代の話、そして将来の目標について紹介します!

 

 取材・文/水谷美紀

 

カゴメ株式会社「植物性乳酸菌ラブレLight 1日分の鉄分」CM

 http://www.kagome.co.jp/present/tvcm/labre_cm_f30.html

 
理研ビタミン株式会社「ノンオイルセレクティ じんわり生姜」CM

 http://www.rikenvitamin.jp/products/cm/index.html

 

藤井祥子 藤井祥子 藤井祥子 藤井祥子

モデルプロフィール

藤井祥子
DRAMA BeeTVドラマ『彼は、妹の恋人』中川桃子役(2011年) EX『陽はまた昇る』第4話 橋本ユキエ役(2011年) TELEVISION J:COM『つながるセブン「つながる天気予報」』(2011年) MOVIE 文化庁若手映画作家育成プロジェクト短編映画『嘘々実実』弓場役(2012年) PV SHANTI『接吻-kiss-』(2011年) 平井堅『いとしき日々よ』(2011年)
http://www.hirata-office.jp/talent_profile/woman/shoko_fujii.html

連載一覧