連載

ModelTalks「八木麻衣子」Vol.2

 


_36P1728

今週も先週に引き続き、人気モデルから女優へと活動の幅を広げた八木麻衣子さんの登場です。

 

人気雑誌『Ray』の専属読者モデルからプロのモデルになり、現在は女優としての才能を存分に発揮している八木さんは愛知県出身。中学時代は女子サッカー部に所属していたのだとか。

 

「そう言うとスポーツ万能みたいに思われますが、実は運動は大の苦手で。当時人気のあった漫画『ホイッスル』にハマって、何故か入っちゃったんです。役でなら抜群のテクニックのサッカー選手を演じられるかもしれませんが、実際は……あまりそこは期待しないでください(笑)」

 

ニュージーランドへの留学経験があり、英検準1級、TOEIC935点という高スコアを持っている八木さん。将来は英語力を活かす道をと考え上智大学の外国語学部に入学しましたが、上京してすぐにスカウトされ、美容院のカットモデルからトントン拍子にRayの専属読者モデルへ。

 

「愛知県にいた頃はモデルになりたいとか、自分にモデルの才能があるとか、考えた事もありませんでした。名古屋市内の出身ではないから向こうでスカウトされる事もなかったし」

 

ところがあっという間に人気モデルとなり、読モからプロのモデルへ。その後テレビのバラエティ番組に出た事から演技の仕事を始め、女優に。今はとにかく女優の仕事が楽しくてたまらないのだとか。

 

「大学を卒業したら普通に就職するつもりで就活もし、内定も無事取れたのに、結局モデル一本でやって行こうと決め、就職はしませんでした。でもそのおかげで女優の仕事に出会えたのだから、人生って不思議ですね」

 

ちょうど時を同じくして愛知県にいたご両親も上京し、今は東京が故郷に。

 

「仕事が入るとどうしても普段の生活がおろそかになったり、煮詰まったりしがちです。そんな時に両親がそばにいてくれるのは本当にありがたいし、心強いです。母親とはまるで友達みたいに仲が良いので、しょっ中一緒にいます」

 

そんな八木さんが女優業以外でハマっているのが、ボカロ。

 

「初音ミクの大ファンなんです。仕事じゃなく一ファンとしてミクを観にわざわざ富士スピードウェイまで行った事もあります(笑)。そしたら、そこで知り合った人が舞台を観に来てくれて。とても嬉しかったです」

 

ニコニコ動画をチェックすることも多いそうですが、八木さん自身も週に2回、ニコ生で配信をおこなっています。飾らないキャラクターが魅力的な八木さんのトーク、是非チェックしてみて!

 

取材・文/水谷美紀

 

●八木麻衣子オフィシャルブログ

『はぴこにゃぎりんちょう』

http://ameblo.jp/yagimaiko/

 

●Twitterアカウント

@yagiiiii

▶ 女優・八木麻衣子インタビュー – YouTube

八木麻衣子 八木麻衣子 八木麻衣子 八木麻衣子

モデルプロフィール

八木麻衣子
【TV】 日本テレビ 「24時間テレビ~愛は地球を救う~」 日本テレビ 「しか~も!!」 2011年5月~ メジ~カNo.19 TOKYO-MX 「ドクモ♥カフェTV」 2011年4月~ 日本テレビ 「読モ!」 日本テレビ 「恋のから騒ぎ」 フジテレビ 「1924」 日本テレビ 「嵐にしやがれ」 TBS 「アカデミーナイト」 TBS 「TAKE ME OUT」 日本テレビ 「しか~も!!」 山陰中央テレビ 「モテ男ナビ2」 BS朝日 「テイバン.TV」 テレビ東京 「淳の乾杯してみたっ!」 テレビ朝日「甘王の共感スクール」 フジテレビ「キスマイBUSAIKU!?」 【雑誌】 「Ray」 専属読者モデル 「CanCam」 「ViVi」 「mina」 「SEDA」 「steady.」 「美人百花」 「CUTiE」 「ar」 「non-no」 「PopSister」 「bea's up」 「CARトップ」表紙&巻末グラビア etc… 【WEB】 NHK WORLD「TOKYO FASHION EXPRESS」 ニコ生「女生主3人で対談してみた(顔出し)」 ニコ生「女生主3人で対談してみた2」 【ファッションショー】 「AGE STOCK」 「HOUSE NATION」 「Rayナイト」 「Shibuya Bridal Collection」 【映画】 マメヒコピクチャーズ 第1回作品 井川啓央監督作品「紫陽花とバタークリーム」(2012) マメヒコピクチャーズ vol.2「さよならとマシュマロを」(2013) 【舞台】 アロッタファジャイナ第13回公演「国家~偽伝、桓武と最澄とその時代」(2013) W-Speaks第6回公演「アクトレースCUP」(2013) エアースタジオプロデュース「Go! JET! GO! GO! ZERO」(2013) Air studioプロデュース公演 「GO、JET! GO! GO! vol.6~追憶のブルージーン・クリスマス」(2013) エアースタジオ プロデュース公演「君死にたまふことなかれ」(2014) 演劇ユニットHINATA*SENCE 第3回公演「女友達~千夜子の場合~」(2014) 劇団空間エンジンプロデュース「Juriet~ジュリエット~」(2014) 【イベント】 『W-Speak第6回公演「アクトレースCUP」ドラフトイベント』(2013)
http://www.kdashstage.jp/profile/stage/yagi/

連載一覧